ドコモにもソフトバンクにも無い「ガラホ」がauに登場


スポンサーリンク


シャープが遂にガラホを市場に投入することを決定しました。

ガラホは、日本人のスマホの悩みを解消する携帯電話として

とても期待されているのです(^^ゞ

どうしてガラホがそんなにも期待されているのか?

現在のスマホのデメリットから考えてみましょう。

【スマホの悩みをガラホで一発解決!】

まず、スマホを持つも者の最大の悩みは料金の高さですよね。

通話、しかも主に受けにしか使わないのにもかかわらず

高いスマホを買わなければいけないのか?

そして、携帯電話でインターネットなんかやらないのに

高い通信料を払わなければならないのか?

これらの問題ははたして「ガラホ」で解決するのでしょうか?

答えは「No」です(^^ゞ

garaho

ガラホの見た目は、ちょっと昔の携帯電話と同じパカパカ。

でも中身はAndroid OSが入っていますから、スマホと同じです。

契約内容はよくわかりませんが、スマホである以上は

通話料以外の通信費を払わなければならないでしょうね。


そして、第2の問題は「操作性」です。

ガラホになることで、スマホのようなタッチパネルではなく

見慣れたテンキーが採用されているので、

テンキー携帯を使用している方にとっては操作性の問題が

解決されると思います。


ただ、この「ガラホ」、使い方によってはとても便利です。

テザリングに対応しているので、普段からタブレットPCなどを

持ち歩いている方にはとても便利です。

もう一つのメリットは、「頑丈であること」ですかね(^^ゞ

スマホって通常画面がむき出しですから、カバーをつけたり

ケースを買ったりします。

ガラホならそんな心配も無用なわけです。


個人的には、日本独自のスマホとして「ガラホ」はこれから

絶対に必要になります。

日本の携帯電話文化にマッチした独自のスマホ。

第一弾がシャープの「AQUOS K」です。

2月下旬からAUで販売されます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ