トヨタ新型エスクワイアの価格や内装は?これ必要なの?の声


スポンサーリンク


現在のミニバンに必要なもの?それは実用性です。

10月29日に発売予定のトヨタ新型エスクワイアの情報については

多かれ少なかれ皆様もご覧になられたかと思います。

詳細なスペック情報は他のサイト様にお任せすることにして

私のブログでは、そもそもこれは必要なのか?という観点で

記事を書いていきたいと思っています。

なぜなら、私はこの車を一目見た瞬間に「いらね」と感じてしまいました。

今まで5ナンバーサイズに無理な高級感を植え付けて

価格を少し高めに設定してある車を何台か見てきました。

無理やり高級感を出しても実用性は他の車と変わらないので

どうしても安いほうに目が行ってしまうんですよね。

トヨタ新型エスクワイアは売れるのか?

これまでの高級ミニバンと言えば、アルファードが代表的です。

エスクワイアのターゲットは、

アルファードは大きすぎるけど、高級感があるミニバンがほしいという人。

ターゲット層自体が薄い・・・。

エンジンはハイブリッドと、ガソリン車で、

ガソリン車の価格はおそらく乗り出しで300万円くらいになるでしょう。

ノアやヴォクシーが250万くらいで購入できたことを

考えると、この価格差は相当デカイ・・。

実車を見て、実用性が変わらなければ、ヴォクシーを選ぶ人が

多いのではないか?と思います。

需要があるとすれば、8人乗りのガソリン車くらいですかね。

ハイブリッドのエンジンはプリウスと同じで

目新しさがありません。

フロントグリルもインパクトはあるもののパッとしない。

これまでマツダの新型デミオやロードスター、

新型コペンなど、エスクワイアとは全然タイプの違う車ですけど

着せ替えやクリーンディーゼルなど、目新しさがありました。

その点、エスクワイアには物足りなさを感じざるを得ないです。

発売してからの評価を見ないと決定的なことは言えませんが

現状、私の視点では低評価となってますww

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ