新型iphoneの発売時期が迫る!!


スポンサーリンク


発売が待たれる新型iphoneが、9月19日または、26日になるのではないか?と予想されています。

現在のところAppleはiPhone6の発売日、外観などを発表していません。ということは現在の情報はすべてメーカーが発表したものでは無く、ユーザーの予想ということになります。

iPhone6の価格やスペックに関する情報

アメリカでは、すでにAmazonでiPhone6の予約が開始されているという情報がありますが、AppleはiPhone6の存在を認めていませんので、見切りでの予約開始となっています。

カラーは、シルバー、ブラック、ゴールドの3色ですが、iPhone5Cのように、グレードによってカラフルな色も選択可能になるかもしれません。

メモリの容量については、現行iPhoneと同じ16GB・32GB・64GBとなっています。

早い人ではわずか2年程度で買い替えを検討されると思いますので、容量は16GBで十分な感じがします。写真だけなら16GBもあればそこそこ撮影できます。

パソコンをお持ちの方は、撮影した写真をパソコンに移すなどすれば、iPhone自体に大きな容量は必要ありません。



新型iphone

出典:cdn.macrumors.com


◇iPhone6の価格

価格はストレージの容量によって変わります。これも現在のスタイルと同じです。

16GB 119,999円 32GB 129,999円 64GB 139,999円


◇iPhone6のディスプレイ

原稿のiPhone5Sの画面解像度は、1136×640。それに対してiPhone6の解像度は1704×960となるそうです。これによってユーザーはより高画質の写真や動画を画面上で楽しむことができます。

正直言って、画面の鮮明さとか、現行のモデルのままで十分なような感じがしますよね~。

やっぱり日本向けの仕様として期待されているのは「オサイフケータイ」です。androidのスマホとの決定的な違いがこのオサイフケータイ機能です。

iPhone6にスイカなどの機能を付けることができたらどんなに便利だろう。


さらにiPhone6はバッテリーが長持ち、処理速度が格段に向上します、また必要な時に必要なパワーを使用することで、余計な電池の消耗を抑える機能も盛り込まれる予定です。

私の予想ではiPhone6の発売はまだ先、決定的で斬新な新技術が搭載されなければiPhone6を発売する意味があまり無いと思うからです。

もしかすると来年までずれ込む可能性もあります。

それまでは今のiPhoneで我慢して、またすぐに買い替えなんてことにならないように十分に検討してから発売していただきたいところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ